NEWS & TOPICS

ロキグループが運営する社会人硬式野球チーム「ロキテクノ富山」に、 パ・リーグ4球団で19年間プレーした細川亨氏が入団いたします。

株式会社ロキグループ

 

富山県を拠点とする社会人硬式野球チーム「ロキテクノ富山(以下、RBT)」に、埼玉西武ライオンズ、福岡ソフトバンクホークス、東北楽天イーグルス、千葉ロッテマリーンズでプレーした細川亨氏がバッテリーコーチ兼ディフェンス担当として入団することが決定いたしましたことをお知らせいたします。

 

 

写真左:藤田太陽監督  中央:細川亨氏  右:伊東伸オーナー

 

2021年よりRBTの監督を務める藤田太陽監督が、かねてから交流の深かった細川氏の火の国サラマンダーズ監督退任決定を知り、即座に「富山で一緒に全国を目指さないか」と声を掛けたことがきかっけとなり入団が決まりました。

細川氏は、藤田監督と埼玉西武ライオンズ時代のチームメイトであり、また同級生でもあるという間柄で、そんな藤田監督からの声掛けに応じるため「富山で一緒に社会人野球の世界で頑張りたい」と入団を決心されました。

細川氏の背番号は、「81」に決定。

細川氏にはこれまでの経験を活かして、RBTが今後常勝していく為に不可欠な要素である「バッテリーの強化」を牽引して頂くことを期待しています。

 

藤田監督は、「現役時代から細川氏は試合に対する準備の仕方がプロフェッショナル。相手の分析や配球はもちろん、試合の中での気付きに長けている。細川氏には大胆かつ繊細にバッテリー陣を強化してもらい、私は監督として全体を見る時間を増やすことで、守備からリズムをつくり隙のない野球を実践したい。」と来シーズンに向けての決意を新たにしました。

 

細川氏という頼もしい力を得て、RBTは1つ目の目標である全国大会初勝利を実現すべくさらに邁進していきます。

そして、これからも、より多くの方々に今まで以上の応援をいただけるチームとなるよう活動していく所存でございますので、ご声援の程よろしくお願いいたします。

 

【細川バッテリーコーチ兼ディフェンス担当 コメント】

藤田監督とは、西武ライオンズ時代のチームメイトであり同級生。現役引退後も親交を深めてきた関係。

火の国サラマンダーズ 監督退任のときも、一番最初に声を掛けてくれたのが藤田監督だった。

よく知っている間柄だし、富山で一緒に社会人野球の世界で心機一転 頑張りたい。

プロであってもアマチュアであっても関係ない。これまで経験してきた配球論やバッテリーの育成方法をこのチームにしっかり浸透させ、全国大会出場だけではなく全国に通用する常勝チームに成長させたい。

 

《細川亨氏プロフィール》

【氏  名】 細川亨(ほそかわ とおる)

【出身地】 青森県

【生年月日】1980年1月4日

【球  歴】

・青森北高校 ・青森大学

・埼玉西武ライオンズ(2002-2010) ・福岡ソフトバンクホークス(2011-2016)

・東北楽天ゴールデンイーグルス(2017-2018) ・千葉ロッテマリーンズ(2019-2020)

【指導経歴】

・九州アジアリーグ 火の国サラマンダーズ 監督 (2021)

 

【伊東伸オーナー(ロキグループ 代表取締役会長 兼 社長 兼 最高経営責任者) コメント】

来シーズンで我々のチームは創立から10年の節目の年を迎えます。このような記念の年に、待望のバッテリーコーチとして細川氏を迎え入れることができ、非常に嬉しく感じております。

これからは、選手を育てる立場で藤田監督と再びバッテリーを組みRBTを盛り立てて欲しいと願っています。

RBTは、これからもチームの成長を継続し、地域に必要とされるチームを目指して、皆様と一緒に歩み続けて参りたいと思います。どうぞ引き続き、ご声援よろしくお願いいたします。

 

【藤田監督 コメント】

トーナメント戦の勝敗はバッテリーの質がカギを握るので、細川氏の経験してきた捕手としての経験は、必ず私達RBTの課題を克服してくれると確信しています。私は、細川氏と一緒に全国常勝チームとなるため北信越随一の投手王国を築き、日本一の夢を掴み取ります。またNPBへ1人でも多くの選手を輩出したい。

 

ロキテクノ富山(RBT)公式HP: https://rokitechno-bc.com/

 

以上