グループ会社のご紹介

グループ沿革

  • 1978

    12月
    東京都大田区山王に日本濾器株式会社を設立、油圧フィルターの販売と平行し、当時の技術では難題とされていた磁気塗料用フィルターカートリッジ(複合型デプスフィルターカートリッジ)の開発に着手。

  • 1981

    1月
    高度な分級技術を利用した磁気塗料用フィルターカートリッジの開発完了。その後、日本国内の磁気テープメーカーの大半に採用されたことを皮切りに韓国、ドイツ、アメリカ等の主要な磁気テープメーカーにも相次いで採用されるなど短期間で世界市場を席巻し、当社発展の原動力となる。

  • 1984

    2月
    富山県中新川郡に北陸工場を新設、ワインド型デプスフィルターカートリッジ(糸巻式)の原料から製品までの一貫生産体制完了。

    12月
    本社を東京都大田区大森北へ移転。

  • 1985

    当社独自のカプセルタイプフィルターの開発に着手、磁気テープメーカーに提案。

    6月
    福岡県久留米市に九州事業所を新設。

  • 1986

    2月
    九州事業所に日本国内最初のクリーンルームを有するサーフェイス型フィルターカートリッジ量産工場完成。同時に九州事業所を久留米工場に改称し、アメリカ医薬・化学業界向にサーフェイス型フィルターカートリッジの本格出荷開始。

  • 1987

    7本組のカプセルタイプフィルターの開発に着手、生産・販売開始。

  • 1988

    3月
    ドライ戦争の中で生ビール化が進展する国内ビール業界向にサーフェイス型フィルターカートリッジを本格出荷開始。

    12月
    製造委託先の日濾工業株式会社を吸収合併。

  • 1989

    12月
    1989年12月 本格的カプセル型フィルターカートリッジ量産工場として北陸工場を増設。

  • 1990

    2月
    福岡県八女郡に八女工場(現:九州工場)を新設、ワインド型デプスフィルターカートリッジ(不織布巻式)の量産体制完了。

  • 1991

    11月
    展示会へ初出展(化学プラントショー)

    12月
    株式会社ロキテクノに商号変更。

  • 1994

    2月
    日本証券業協会に店頭登録し、現JASDAQ市場に株式を公開。

  • 1996

    8月
    八女工場(現:九州工場)が品質マネジメントシステムの国際規格 ISO9002 を審査登録。

    11月
    子会社、新日本オゾン株式会社(その後、株式会社ロキエンジに商号変更)を設立。

  • 1997

    8月
    久留米工場の業務を八女工場(現:九州工場)に集約統合。

  • 1998

    7月
    本社を東京都品川区南大井へ移転

  • 2000

    11月
    北陸工場が環境システムの国際規格ISO14001審査登録。

  • 2002

    5月
    八女工場(現:九州工場)が品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001:2000審査登録

    10月
    九州地区での販売強化のため九州営業所を新設。

    11月
    アジア圏での販売強化のため上海駐在員事業所を新設。

  • 2003

    2月
    「第二創業元年」と銘うち、MEBOによる経営改革に着手。

    7月
    MEBOにより完全親会社を設立したため、JASDAQ上場を廃止。

  • 2004

    8月
    アメリカでの販売強化のため現地調査を開始。

  • 2005

    2月
    給水管洗浄事業において、管工事業(東京都)の許可を取得。

    5月
    (株)半導体先端テクノロジーズ(Selete)より次世代半導体開発における開発サポートの功績が認められ「Selete Award 2005」を受賞。受賞件名は「銅電解研磨用の導電性パッドの開発」。

  • 2006

    4月
    子会社、株式会社ロキエンジを吸収合併。

    5月
    経済産業省「元気なモノ作り中小企業300社」に北陸工場が選出される。

    7月
    長野県軽井沢町に研修施設兼保養所「軽井沢スタディセンター」完成。

    9月
    更なるクリーン化の推進を主眼とした八女工場(現:九州工場)の第二次増設完了。

  • 2009

    5月
    中・長期的な生産体制確立のため八女工場を増設。環境配慮型工場として省エネを積極的に導入。本増設に伴い工場名称を九州工場に変更。

  • 2010

    7月
    全社統合で環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001を審査登録。

    今後のアジア展開における市場調査・企画のため、シンガポールに子会社、ロキテクノシンガポール(現:ロキグループインターナショナル)を設立

  • 2012

    4月
    東南アジア地域における売上拡大のため、マレーシア(ジョホール州)にロキS&S・マレーシア(ロキテクノシンガポールの100%子会社)を設立。

    6月
    ロキテクノシンガポールの社名をロキグループインターナショナルに変更

  • 2013

    1月
    株式移転により完全親会社であるロキグループホールディングス株式会社を設立、ホールディング体制を構築

    10月
    産業用フィルターカートリッジ、オゾン発生装置及び水処理システムの販売を目的として、大韓民国(ソウル市)にロキテクノ韓国(ロキテクノの100%子会社)を設立

    12月
    ロキS&S・マレーシアの社名をロキM&S・マレーシアに変更、生産拠点としても活動開始。

  • 2014

    4月
    今までにない独自性があり革新的な「新製品」「新技術」を生み出していく場として、神奈川県横浜市に横浜ものづくりセンターを開設

    7月
    南北アメリカ地域でのビジネス拡大と販売力強化のため、米国カリフォルニア州トーランス市にロキS&S・アメリカ(ロキグループインターナショナルの100%子会社)を設立

    12月
    ロキグループホールディングス株式会社の社名を株式会社ロキグループに変更

  • 2015

    5月
    マレーシア国内におけるさらなる事業拡大のため、マレーシア・クアラルンプールにロキM&S・マレーシアの営業所を開設

  • 2016

    10月
    ロキテクノ韓国の社名をロキS&S・韓国に変更。あわせてロキテクノ100%子会社からロキグループインターナショナル100%子会社に変更

  • 2017

    1月
    営業所を再編し、東京営業所、富山営業所、名古屋営業所、神戸営業所、福岡営業所の国内5拠点体制に拡大

    10月
    会社分割により、日本国内での製品販売を担う新会社「株式会社ロキテクノマーケティング」を設立
    あわせて、ロキM&S・マレーシアの社名をロキS&S・マレーシアへ変更

  • 2018

    5月
    トロイカ株式会社の発行済株式100%取得し、子会社化(現:株式会社トロイカジャパン)

    10月
    大韓民国プサンにロキS&S・韓国の営業所を新設